福岡 〜癒しの養生気功教室〜


      気でつくる自分の健康
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
動功と静功

気功には動功と静功があります。

動く気功と静かな気功

 

太極拳はまさに動功そのもの

気功は太極拳ほどの動きはありませんが

功法によっては

踊りのようなものや、筋トレみたいな

大きな動きがあるものも多いです。

このような動きのある気功は

気が詰まった感じや滞ったような感じの時に

行うととても爽快になります。

 

気功は体内の気を自身で巡らす法ですが

この動功はどちらかというと

体内の浅い部分の気を巡らせる感じがします。

 

教室に来て下さる方で

太極拳をされている方は多いですが

お聞きすると、しっかり収功されているという

お話を聞いた事がないのです。

とてももったいないことです。

しっかりと巡らせた後

静かに自身の気が巡り落ち着いていくのを待つ時間

ちょうどコップの中にいれた金の砂が

揺さぶられ一瞬コップが濁ったように見える

その後静かに待つことで

金の砂は沈殿していきコップの上澄みは

透明で美しい水の世界が生じる

ここが大事なのです。

動功の後は特にこの時間を大事に

しっかり収功すると

単なる体操気功から本当の医療気功に変わります。

 

一方静功の場合

動きはほぼありません。

こちらは表面上の動きが少ない分

身体の深い所での動きが生じます。

 

動功の八段錦などの動きは、

静功の六字訣などに比べると難しいですが

気功としての難易度は六字訣が上です。

それは上記のような理由からです。

 

なので教室では動功を行ってから

静功を行います。

外側からまず動かして

深部を動かし、そして落ち着かせる

定着させる意味があるのです。

 

気功の練習は動功、静功両方を組み合わせる事によって

効果が格段と変わってきます。

ここを知った上で

毎日の練習は、その時の自分に合わせて

自分に必要なものを無理なく与えてあげる

そうしていくうちに

身体だけでなく自分の心とも

コミュニケーションが取りやすくなってきます。

 

 

 




| 2018.12.11 Tuesday (21:01) | 気功 | comments(0) | - |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
プロフィール画像
福岡養生気功教室 主宰 吉田 万美

健康は自分で守り作るもの
自分の為に優しい時間を持つ
心を癒し
身体をゆるめれば
本来の生き生きした
自分に戻れます
福岡養生気功教室は
そんなお手伝いをさせて頂く場です
★ホームページ★↓ http://r.goope.jp/mamiterasu
詳細はお気軽におたずねください↓
RECOMMEND

 
MOBILE
qrcode
LINKS
/body>